これまでの活動内容

セミナー

平成27年

1月 江戸を愉しむ ワークショップお正月 凧揚げ
2月 サロン「衣食住の食」 お米五ツ星マイスター田中節直氏による「食」にまつわる講演
2月 江戸を愉しむ ワークショップ日本橋かるた大会
2月 第12回NIPPONSANに向けての説明会及び先輩メーカーによるアドバイス
3月 関東経済産業局補助事業への事業協力オランダ王国大使館イベント
4月 「湖の国講座」&ツアー 行動を科学する
4月 江戸を愉しむ ワークショップ春 東京手描き友禅
5月 「拭漆のお箸をつくろう!~漆ってなんだろう~」
5月 サロン「衣食住の住」 左官職人松木憲司氏による「住」にまつわる講演
6月 「SNOWFLAKE(スノーフレーク)」に学ぶ
6月 江戸を愉しむ ワークショップ初夏 和紙をつくる、つかう

平成26年

1月 ワークショップ「自分で染めるシルクストール」
1月 「小谷(ウクク)とまぼろしの竹細工  ~知念政敏さんのお話と実演~」
1月 「作り手・売り手(流通)それぞれの役割」
2月 「シアワセなものづくりのために」
2月 ワークショップ「学んで作ろう! 工場見学とカルトナージュ」
2月 「デザインの意味とデザイナーの役割」
3月 「モノづくりと技術の継承未来へ繋ぐ大切なこと」
3月 ワークショップ「駄知とどんぶりと日曜日」
3月 「新しくつくるのではなく今あるモノにミチをつける」
3月 ニラ大×MIOP共同企画「小谷(ウクク)でまちまーいと竹細工づくり」
4月 「湖の国の四季物語」春の湖北を訪ねて
4月 ワークショップ「丸太からお皿を作る」
4月 「クールジャパンと地場産業」
4月 「琉球ガラスと泡盛~琉球ガラス職人さんと呑み語り」
5月 ワークショップ「木こりといっしょに林歩き」
5月 「つくり手と売り手で見つける日本のライフスタイル」
6月 全国ショップシンポジウム「10年後の流通販売のために今すべきこと」
6月 「沖縄の漆を語る~過去、現在を振り返り未来に向けて動くためには~」
6月 ワークショップ「貼って透かしてアクリル時計!」
6月 「幸せなものづくり」
6月 「波佐見焼の継承と次世代に残すもの」「陶磁器の未来を切り拓く国際陶磁器フェスティバル」
7月 作り手育成セミナー「10年後に目指すべき姿」
7月 江戸を愉しむ ワークショップ夏 扇子つくり
7月 「沖縄・地域・デザイン・モノづくり~沖縄在住デザイナー&プランナーのリアルトーク~」
8月 江戸を愉しむ ワークショップ夏 扇子遊び 投扇興
9月 デザインをものづくりの武器にしよう(中部経済産業局事業平成26年デザインを通じた意匠商標制度の普及事業)
9月 「沖縄の地域産業とデザイン~クリエイター・作り手・行政の本音~」
9月 関東経済産業局補助事業への事業協力シンポジウム
9月 「湖の国講座」&ツアー 奥永源寺の風土を探る
9月 江戸を愉しむ ワークショップ秋 江戸の町歩き
9月 サロン「衣食住の衣」 COMMONO reproducts 山本洋一郎氏による「衣」にまつわる講演
10月 「シリーズやってみる~琉球張子の世界~」
10月 江戸を愉しむ ワークショップ秋 風呂敷包み
10月 関東経済産業局補助事業への事業協力セミナー
10月 伝統産業事業 地域のモノづくりの現状とこれから自社の強みを活かし加価値を高める
10月 平成25年度新商品開発・販路開拓支援事業に並行し、地域ネットワーク構築に資する勉強会の開催
10月 ソーシャルタワーマーケット正会員の流通促進とテストマーケティング
11月 クリエイティブNAGOYA委託事業(第11回NIPPONSANでのプロモーション業務)
11月 伝統産業事業 今求められる伝統産業とは
11月 江戸を愉しむ ワークショップ初冬 エコな生活
11月 NIPPONSAN「参加者への心得」
12月 江戸を愉しむ ワークショップ冬 和凧作り
12月 「そろそろ漆はじめませんか?~漆のお話しと漆の器で頂くたのしいひとときを~」 2014年12月14日
8月 ミッドタウンアワード(マッチングイベント)

平成25年

4月 岐阜クリエイションツアー
6月 沖縄クリエイションツアー「産地を訪ねてモノづくり現場の力を体感」
7月 「木の文化 沖縄と日本の木工」
7月 「作り手から使い手への橋渡し~セレクトショップのモノを選ぶ基準~」
8月 「琉球漆器のつくりかた~角萬漆器120年の歴史を訪ねる~」
8月 名古屋市伝産活力向上事業「傍から見た伝統産業の姿・魅力・足らないところ」
8月 ものづくりワークショップ毎月開催(計10回) 
9月 名古屋市伝産活力向上事業「輪島塗への思い、経験してきた苦悩」
9月 「いま、よみがえるアダン葉帽子~なぜ消えた? 沖縄産パナマ帽子~」
9月 バイヤーツアー
9月 「湖の国講座」ロングライフデザイン地域性を活かすこと
10月 「クリエイターと作り手の元気の良い関係を築くには~股旅デザイナー村澤一晃の仕事~」
10月 名古屋市伝産活力向上事業「デザインに対する思い、自身が行う社会への貢献」
10月
11月
12月
平成26年2月
度新商品開発・販路開拓支援事業に並行し、地域ネットワーク構築に資する勉強会の開催
11月 2013年度全国大会(クリエーションツアー)
11月 2013年度全国大会(セミナー)(交流会)
11月 2013年度全国大会(つかい手ワークショップ)
11月 ワークショップ「美濃和紙であかりをつくろう」
11月 「伝統と革新」
11月 「地場産業×デザイン」
11月 名古屋市伝産活力向上事業「デザイナーの取り組んだ成功談と失敗談」
12月 ワークショップ「手作りカトラリーでランチorデザート」
12月 「二年待ってでも欲しいと言われるモノづくり」「型屋が自社の強みを知り、生まれたモノ」

平成24年

1月 『GIFUモノづくりネットワーク 1月高山勉強会』<岐阜>
1月 『GIFUモノづくりネットワークセミナー GIFUの明日を考える 関勉強会(1月)』<岐阜>
1月 『GIFUモノづくりネットワークセミナー GIFUの明日を考える ワークショップIN恵那(岩村)』<岐阜>
1月 第6回『しずおか工芸マリアージュプロジェクト』 プロジェクト会議 Vol.1<静岡>
2月 「晴れの国備前岡山展」マーケティングイベント<東京>
2月 『GIFUモノづくりネットワークセミナー GIFUの明日を考える ワーショップ IN 大垣』<岐阜>
3月 MIJPが探る「ふじのくに・静岡の素財力」<静岡>
3月 GIFUモノづくりネットワークセミナー GIFUの明日を考える 高山勉強会(3月)<岐阜>
3月 「3年待ち」日本一のふとん屋が語る! メイド・イン・沖縄・プロジェクト第11回<沖縄> 丹羽拓也
3月 「湖の国のかたち」講座vol.6 森と木のお話&ワークショップ ―ものづくりの原点 素材を知る!―<滋賀> 村澤一晃
3月 第2回MIJP流通部会例会のご案内 “定点調査から観るインテリア・雑貨のトレンド予測VOL.2 in 名古屋”<愛知> 高野公三子
3月 「ラオス報告会」JICA一村一品プロジェクトを視察して”日本の技術で国際協力”~プロがプロとして、途上国にできること!~<愛知> 原田さとみ、守野雄揮、川俣大和、鶴田浩
3月 GIFUモノづくりネットワークセミナー GIFUの明日を考える!<岐阜> 赤瀬浩成

平成23年

混ざり合い共生する社会をつくる「ピープルデザイン」<東京> 須藤シンジ
混ざり合い共生する社会をつくる「ピープルデザイン」vol.2<東京> 須藤シンジ
ワークショップコレクション出展 つくって、しろう「日本の形」”江戸つまみ細工”<東京> 穂積実
東日本大震災に対して、メイド・イン・ジャパン・プロジェクトとしてできることを考える会<東京>
東日本大震災に対して、メイド・イン・ジャパン・プロジェクトとしてできることを考える会 第2回<東京>
東日本大震災に対して、メイド・イン・ジャパン・プロジェクトとしてできることを考える会 第3回<東京>
メイド・イン・ジャパン・プロジェクトを考えるサロン<愛知> 北村圭介
G-net インターンシップ受入先企業・事例紹介<愛知> 浅井峰光
東日本大震災でメイド・イン・愛知ができることを考える会<愛知> 北村圭介
東日本大震災に対して、メイド・イン・ジャパン・プロジェクトとしてできることを考える会(東京合同開催) 鶴田浩、鈴木恭子、北村圭介
人と人とのつながり力、ネットワーク<愛知> 鶴田浩
10月 第3回 『しずおか工芸マリアージュプロジェクト』ワークショップ<静岡> 赤瀬浩成
10月 メイド・イン・愛知・プロジェクト × 大ナゴヤ大学<愛知>
10月 メイド・イン・滋賀・プロジェクト 設立1周年記念セミナー会<滋賀> 品川隆幸
11月 NPO法人 メイド・イン・ジャパン・プロジェクト 全国大会<東京> 本部理事他
11月 メイドイン愛知 わらく会 11月会<愛知> 吉田美紀子
12月 第5回『しずおか工芸マリアージュプロジェクト』 ワークショップ Vol.3<静岡>
12月 【メイド・イン・ジャパン・プロジェクト本部主催】ワークショップ「森と木の話」 村澤一晃
12月 【GIFUモノづくりネットワーク GIFUの明日を考える第8回セミナー(ワークショップ IN 関)<岐阜>

平成22年

デザイナーの仕事と関わり方<愛知> 井藤隆志、丹羽浩之、矢野まさつぐ
靴作りの知られざる技をみよう<愛知> シューズボナンザ、鈴木達也
永田哲也展<愛知> 永田哲也
木の道具ができるまで<愛知> icura 筒井則行、kataha 吉松幸祐
海外進出入門

日本製をインド市場に売ろう<愛知>

ニックイクバル
「東京都知的財産総合センター」の紹介

伝統とは進化するものである

東京都指定伝統工芸「江戸つまみかんざし」実演&体験<東京>

泉祐三、高橋正侑、穂積実
リユースプロダクトの活かし方
滋賀地場産業深堀ツアー報告<東京>
小林コウイチ、鈴木他4名
ワークショップコレクション出展

つくって、しろう「日本の形」”江戸つまみ細工”<東京>

穂積実
ダイアログ・イン・ザ・ダーク<東京> 鈴木恭子
無名の作り手をささえる・・・手仕事の器と道具の店<東京> 小林裕二
メイド・イン・ジャパンの海外戦略と海外展示会の利活用術<東京> 草野信明
海外市場を担うテキスタイル開発とは<東京> 中村宏美
静岡でのNPO法人メイド・イン・ジャパン・プロジェクト活動説明会<静岡> 北村圭介、丹羽拓也
美濃焼を語る会<岐阜> 神谷利徳、赤瀬浩成、鶴田浩
売れる滋賀ブランドを仕掛けるヒント<滋賀> 二口誠一郎
asahinekoを海外展開するには<東京、岐阜> 村澤一晃、小泉誠、赤瀬浩成
短期国内インターシップ事業<愛知>
素材の新しい可能性<愛知> 大塚勇、山本庸志
モノ作りの開発戦略とeコマース世界戦略<愛知> 橋本雅治、為末大
日本のモノ作りのために写真ができること<愛知> 川嶋なぎさ
インテリアショップオーナーの語るインテリア業界の動向と消費者動向<岐阜> 鶴田浩、伊藤隆一
作り手と一緒にモノ作りの現状を考え今後を語り合う<岐阜> 赤瀬浩成、新井清人、島田亜由美他
事業承継と職人の育成<愛知> 丹羽正行
伝統の復活と挑戦<愛知> 杉浦嘉信
“eBayトップレイテッドセラーに聴く 失敗しない海外サイト運営ノウハウと、海外顧客とのリレーション、集客対策の実際<東京> 横川広幸
日本のメーカーの生き残り策 清算の継続性の確保と「卸せる商材企画」<東京> 金谷勉
日本の美・技術の再発見 秋田銀線細工<東京> 澤村武司
ビッグスキンによる「エコレザー」の普及と「すみだGIFT」の開発<東京> 山口明宏

平成21年

橋本流メイドインジャパン戦略<愛知> 橋本雅治、秋本祥治
日本のものづくりの今後<愛知> 下川一哉、村澤一晃
MIJP正会員同志のマッチング事例<愛知> エムエム吉橋、スタジオポイント、澤田剛秀
補助金のあれこれ~地域資源を中心に~

「ベストセラーは蔵の中にある~適材適所の発見による既存商品~」<東京>

泉祐三、青木孝
ブランドとデザインの法的保護「デザイナーとの付き合い方」<東京> 松下昌弘、西村猛、乙部博則
日本文化を世界へ伝えるネットショップの成功例<東京> 横川広幸
枠にとらわれない活動と新しい世界
~これからの「自ら光る」日本のモノヅクリノヒント~<東京>
橋本雅治、下川一哉、神谷利徳、村澤一晃
メガ・シージョン「つながり力」で地域を活性化<愛知> 細川昌彦
日本文化の継承とものづくり~茶の湯を通してみる温故知新の心~<愛知> 藤村智
メイド・イン・ジャパン・プロジェクトが今期目指す方向性

G-NETの今までの歩み、今後の方向性

G-NETとメイド・イン・ジャパン・プロジェクトとの提携について

インターンシップについて<名古屋>

秋元祥治、浅井峰光、大谷健太郎、北村圭介
メイド・イン・ジャパンでエコを考える

~モノづくりニッポンと環境活動の接点~<名古屋>

服部進、丹羽拓也、村上洋介、鈴木達也、吉松幸祐

平成20年

売れるモノを作るために必要な戦略<東京> 二口誠一郎、安藤竜二、瀧勝己
日本製商品のメーカーを守る・売るための提案力<東京> 浅野達也、心石拓男、梅田知行
マイ箸の普及<愛知> 神谷芝保
後継者育成力と広報宣伝力の作り方<愛知> 秋元祥治、北村圭介
現代のモノづくりに必要なデザインと環境意識の考え方<東京> 見山謙一郎、下川一哉
メイド・イン・東紀州という発想~これからの手仕事・ものづくりを考える~<三重> 井藤隆志、丹羽拓也、鶴田浩

平成19年

“ショップを消費者と生産者との出会いの場として位置づけ、消費者に生産者の意欲が届くモノ作りを行うことの大切さについて考える<愛知> 伊藤隆一、井藤隆志、柿下孝司
90分で学ぶ環境とビジネスの新しい関係

ビジネスの活性化と環境問題との融合<愛知>

松田創、安在尚人、赤星明彦
顧客志向のモノづくりとは

これからの商品開発と販促方法論についての交流会<愛知>

二口誠一郎
モノづくりのブランディングについて<愛知> 安藤竜二
陶器の産地の生きる道

陶器のブランディングについて

メイドインジャパンプロジェクトの活動<岐阜>

長江一弥
木材とともに
操業300年以上の長期計画とは?<愛知>
鈴木龍一郎