新着情報

現在ラオスでは国際協力機構JICAがサポートし、村周辺で取れる素材で、村に伝わる伝統の技術・工芸を活かして、村人たちが産品を作り、販売 し、生活向上を目指す「一村一品プロジェクト」が行なわれています。しかし、「一村一品プロジェクト」で作られる品々を、世界へ流通するには、ク オリティー等の問題がまだまだあります。

そこで我々メイド・イン・愛知・プロジェクトでは我々が持つデザイン力や技術力で「プロがプロとして出来る国際協力」とは何か考えたいと思います。

第一部ではラオスの現状を現地のスタッフの守野氏と視察に行った鶴田氏(NPO法人メイドインジャパンプロジェクト副理事長)、原田氏(JICA 中部なごや地球ひろばオフィシャル・サポーター)、川俣氏(JICA)に伝えていただきます。

第二部では実際にラオスで作られた産品にさらに日本で加工し、製品化した商品を見ながら、「プロがプロとして出来る国際協力」と銘打って鶴田氏、 原田氏にメイド・イン・愛知・プロジェクト理事長であり株式会社キタムラジャパン代表の北村圭介氏を加えディスカッションをしていただきます。

「ラオス報告会」JICA一村一品プロジェクトを視察して”日本の技術で国際協力”~プロがプロとして、途上国にできること!~

日時

2012年3月23日(金) 受付時間:18:00 開演時間:18:15

会場

国際デザインセンター・クリエーターズショップ「Loop」
名古屋市中区栄3-18-1ナディアパーク・デザインセンタービル 4F
メイド・イン・ジャパン・プロジェクト 事務局

内容

クリエイターズショップ「Loop」内「エシカル・ペネロープ」にて原田氏によるラオスからのフェアトレード商品の紹介など。
第1部 「ラオスでの活動報告や現状の説明」
第2部 「プロがプロとしてできること。日本の技術で出来る国際協力とは!」

会費

無料

対象

(NPO会員向け/一般/ビジネス会員向け 等)

定員

60名

お申し込み

お申込みはこちらから
【申込締切 3月20日】

チラシ

ご案内チラシがこちらからご覧いただけます