新着情報

昔ながらの風情を残した工房を訪ねて、伝統工芸品の東京染小紋(江戸小紋)の型付け体験をしていただきます。

伝統工芸士が実際に着物を染める方法と同じように、伝統工芸品の手彫りの伊勢型紙による正絹生地への染めていく工程を、体験しながら学ぶことができます。

 
最近ではお着物をお召しになる方が減少していますが、お着物は季節をうつし、
着る人だけではなく、道行く人までも魅きつける日本が誇るすばらしい芸術作品です。
そんな着物を昔ながらの技法でずっと作り続けている工房に今回は御伺いします。

 

どんな職人さんが、どのような手間をかけ一つの作品が出来上がるのか、ぜひご自分で体感して頂き、お着物を少しでも身近に感じて頂けるきっかけになればと思っております。

 

皆様のご参加お待ち申し上げております。

 

概要

 

日時
平成25年9月7日(土曜日)午前10時~12時
会場
「東京染めものがたり博物館」※直接、会場にお越しください。
東京都新宿区早稲田 3-6-14
都電荒川線「面影橋」駅 徒歩2分
JR・地下鉄東西線・西武新宿線「高田馬場」駅 徒歩15分
講師
富田 篤 氏 / 株式会社 富田染工芸 代表取締役
参加費
NPO会員でない方-2,000円 / NPO会員(当日入会含む)1,000円
体験代(材料費) ー2,000円 袱紗の方は、4,500円
お申込み・お問い合わせ
メイド・イン・ジャパン・プロジェクト 担当: 岡村 info@madeinjapanproject.org