新着情報

「MIJP 産地交流ツアーin 滋賀」では、滋賀県東近江地域にかつて生まれ受け継がれる木工や麻織物など、鈴鹿の山からびわ湖まで豊かな水を介して育まれてきた地域産業の現場を訪ねます。これまでの歴史を踏まえつつ、地域振興産業や街づくり、コミュニティー形成など、地域活性化に取り組む現場を視察し、ここで汗を流すスタッフと交流いただけます。これは、この地域に根付いた活動を続ける我々が独自に企画したツアーです。この貴重な機会にぜひご参加ください。

 

訪問先スケジュール

10:00 集合 能登川駅(JRびわこ線)
10:45 – 11:15 木地師資料館
11:30 – 12:15 ギャラリー アカショウビン(木工作家作品)
12:30 – 13:45 野菜花でランチ(愛東福祉モールにて事業のお話)
14:00 – 15:15 近江上布伝統産業会館(麻積み体験)
15:30 – 16:30 ファブリカ村
17:00 – 17:30 工房しゅしゅ(湖のくに生チーズケーキ)
18:00 解散 近江八幡駅(JRびわこ線)

木地師資料館 東近江市
木地師発祥の地地奥永源寺。筒井神社境内にひっそりと佇む木地師資料館。
ろくろを使った全国の伝統ある木地製品をはじめ、木地師の伝統や文化を今に伝えている氏子狩帳や往来手形などの古文書類の数々が展示されています。
これらは、この地の木工の原点であるとともに、ここでしか見聞きできない全国の漆器産業の源流でもあります。

愛東福祉モール 東近江市
あいとうふくしモールには、知的障がい者が働く実践施設、介護を必要とする方々とその家族の暮らしを応援する地域で安心して暮らしていくための応援拠点施設、安全安心な素材にこだわり地域のお母さんが心をこめて作る農家レストランがあります。
まさに、地域資源を活用しつつ、新たなコミュニティー形成に取り組む事例です。
ここでランチをいただきます。

近江上布伝統産業会館 愛知郡愛荘町
滋賀県の伝統工芸品「近江上布」を伝えつつ、近江の麻を今に伝えるべく様々なアイテムの開発を実施している産地ショップ。
ツアー参加者は、この地に根付く伝統技法、芋麻の繊維を糸にする「手積み」を体験できます。日本を代表する伝統的な繊維産業を、「1本の糸」から理解する貴重なチャンスです。

ファブリカ村 東近江市
地場産業の麻織物工場をリノベーションした、つくり手とつかい手をつなぐ週末カフェギャラリー。地域の産業、手仕事、人を循環させる仕組みを模索中。
地域のコミュニティビジネスを目指しています。
本ツアーを企画したスタッフもこの施設の運営に関わっています。
責任を持って、ツアー参加者からのご質問にお答えします。

工房しゅしゅ 東近江市
滋賀ならではの”モノ”や”コト”を含め、地域が育み醸しだした”恵み”を使い、美味しく語らいの生まれるお菓子をひとつひとつ丁寧につくっています。
滋賀の酒粕を使用した「湖のくに生チーズケーキ」は世界にも通用する究極のお土産となりました。成功の鍵は何だったのでしょうか?一緒に答えを見つけましょう。

 

ツアー概要

日 程
2015年11月19日(木)
人 数
最大15名
集 合
能登川駅
解 散
近江八幡駅
締切り
10月30日
参加費
NPO会員 10,000円(税込み)
会員以外 14,000円(税込み)

※ 参加費には集合後の移動費・入館料・昼食代・保険料を含みます。
※ ツアー参加ご希望の方は、下記へお名前・ご住所・連絡先をお伝えください。
 お申し込みの確認メールに沿って、お振込をお願いします。

 
※ 解散後、ツアー参加者・地元スタッフ・MIJPスタッフの交流のための懇親会を予定しております。(参加自由・費用別途)
 

地元スタッフお勧めの宿泊先

セトレマリーナびわ湖 〒524-0102 滋賀県 守山市水保町1380-1
びわ湖花街道     〒520-0101 滋賀県 大津市雄琴1-1-3
琵琶湖ホテル     〒520-0041 滋賀県 大津市浜町2-40

 

地元スタッフお勧めの立寄り先

近江八幡水郷巡り   近江八幡市北之庄町周辺    
ラコリーナ近江八幡  近江八幡市北之庄 ラ コリーナ
長命寺        近江八幡市長命寺町157
水が浜        近江八幡市長命寺町水ヶ浜184 

 

お申込み

専用のフォームからお申込みをお願いいたします。

お申込み締め切り日 10月30日(金)

 

お問合せ

メイド・イン・滋賀・プロジェクト 北川陽子
TEL : 090-8938-4501 FAX : 074-842-2807
e-mail : info@fabricamura.com
ツアー主催 : NPO メイド・イン・ジャパン・プロジェクト
企画運営  : メイド・イン・滋賀・プロジェクト