新着情報

学んで作ろう!工場見学とカルトナージュ

日時:2014.2/11(火)13時~16時
講師:小森 聖子さん(Jubilee Rose)
参加者数 参加23名(制作13個)

 

レポート

“岐阜の地場産業についてつかい手側に体験して学んでもらうワークショップ第4回目。
今回は刃物のまち、関市にあります長谷川刃物㈱さんにご協力いただき刃物について学んできました。

今回のワークショップはただ作るだけではありません。実際にはさみを作る現場を見学できて、そこで作られているハサミを使用してカルトナージュを作るという見て・聞いて・触れて楽める企画。
はさみは毎日使うくらいの身近な道具だと思います。刃を研ぐところ、持ち手を作るところ、できた部品を組み合わせて、ずれが無いか人の目でチェックをして。。多いモノでは30以上もの工程を経て出来上がるそうです。行程がたくさんあることに驚きでした。

工場見学が終わるとカルトナージュづくりがスタート。
【カルトナージュとは……紙や布を厚紙に貼り付けて小物入れなどをつくるフランスの伝統工芸】
今日はリボントレイを作成。実際にハサミを使ったみたところ・・・
「今まで使ってたのと全然違うね」と切れ味の良さにみなさん感動!
切った布と厚紙とを貼り合わせて、2時間ほどで完成。四隅のリボンをきゅっと結んであげると縫うこともなく素敵なトレイの出来上がりです。
「一緒に来られなかったお母さんへのプレゼントにする!」なんていうお声も。

直売も行っているということで、ワークショップ終了後にお気に入りのハサミを購入される姿も多く見られました。
普段見ることはできない工場見学、楽しんでいただけたようで何よりです。

 

SONY DSC SONY DSC

参加者の声

・実際に道具を使用していたところが刃物をより身近に感じることができました。
・自分の地元の代表的な産業が分かったり、実際にその道具を使ってつくるのが楽しかったです。
・子どもの手伝いをしながらでも、すごく楽しかった。
・工場見学とつながったワークショップでよかった。

 

今後のイベント

“*ワークショップ第5回目「駄知とどんぶりと日曜日」
■日時  3月16日(日)10:00~15:00
■定員  20名
■参加費 おひとり¥1,000
電動ろくろor手びねりの2種類から好きな方法で陶芸体験ができる1日。
窯元をめぐって想像力を膨らませて、自分だけの陶器を作れます。”