新着情報

第8回 本部定例会 報告レポート
日時: 2014年3月5(水)19:00-21:00
セミナー講師: 北村圭介氏
大学在籍中にアメリカに語学留学、卒業後は家業の大正12年創業寝具メーカーに入社。
開発と営業職を経て、2009年社名をKitamura Japanとして4代目代表取締役に就任。
参加者: 24名

 

開催レポート

テーマ:「【まくらのキタムラ】これまで、と、これから」

1961488_10203351095962022_1683371930_n 1960417_10203351108282330_583707663_n
第8回の本部定例会は、Kitamura Japan4代目代表取締役の北村圭介氏をお迎えしました。
家業寝具メーカーに入社されてから現在まで、14年間の数々の改革活動を、具体的な事例ともにご紹介頂きました。
入社後の営業を通じて、寝装具・敷布団加工のメーカー下請け8割の状況の下での、メーカーからの受注減少に、旧体質からの脱却を迫られ、商品を枕に絞り事業展開を推進されました。

インターネット普及に伴い「自社の営業マン」としてホームページの充実を図り、ブログ・SNSと言った無料の情報発信ツールも積極的に活用し、【まくらのキタムラ】のブランドと枕そのものの客単価向上に貢献しました。商品開発にも力を注ぎ、3回落選の険しい道のりを経て、2011年2012年のグッドデザイン賞受賞に至りました。

また、ネットオーダーや小売店を通じての販売による顧客からの声を汲み取り、枕の高さ変更を1回に限り無料にするなどの徹底したサポート体制を整えました。その他にも、大学ゼミのOJTに協力し商品開発を行ったり、協力工場との連携により在庫リスクを減らし、自社工場のキャパシティを増やしたり、テレビショッピンングでの販売で自社宣伝効果を上げる、など横軸に広がる活動にも力を注がれました。

1年に渡るやり取りで契約に至ったマレーシア市場への進出は、目標値上回るような売り上げを伸ばしました。限られた時間内にも、そのブランディングや海外展開など、幅広い取り組みの一端を知ることができました。

会の最後では、今回も参加者の方たち同士で、名刺交換や直接交流する時間が設けられ、北村氏への眠りについてご質問に、全員で睡眠の大切さを啓蒙頂く場面もあり、実生活にも役立つ大変有意義な時間となったのではないでしょうか。

 

 

次回のイベント

次回は通常の定例会ではなく、4月22日開催の「ものづくりと技術の継承」イベントとなります。皆様のご参加をお待ちしております。

http://madeinjapanproject.org/news/honbu-0422/