新着情報

開催日:2014.7/29(火

講師 : 佐治氏・横川氏(デザイナー)、黒川氏(プランナー)

開催レポート

去った7月29日、「沖縄・地域・デザイン・モノづくり」と題して行った7月定例イベントは、
目標の30名を超す40名の方にご参加いただき、「デザインとものづくり」への関心の高さをうかがうことができました。
miop_072901

今回は県外出身で、沖縄で活躍中のデザイナー2名(佐治、横川両氏)、プランナー1名(黒川氏)を講師におまねきし、
外から見た沖縄、移住して感じる沖縄、沖縄らしさをデザインすることについて、実際に携わったアイテムなども提示しながら語っていただきました。

miop_072902

プログラムは1「講師の自己&仕事紹介」、2「MIOPからの質問に答えていただくパネルディスカッション」を
予定しておりましたが、自己&仕事紹介のボリュームが大きく中身が濃くなったため、急遽パネルディスカッションを、
MIOPと参加者からの質疑応答に変更させていただきました。

miop_072903

その中で、「移住前と移住後ではデザインは変わったか?」「沖縄らしさをどのように表現するか?」など
示唆にとんだ質問が複数あがりました。

それに対し、何も無いところからデザインをしていくこと、クライアントだけでなく、
それに携わるすべての人々と語り合う時間を大切にしていることなど、
完成するまでに重視している視点や考え、思いを話していただきました。

会場でアンケートにお答えいただいた方の感想で最も多く挙げられた言葉が
「刺激をうけました」「視点が勉強になった」などであった一方で、

「もっと問題点とそれに対しての解決、打開策を討論、話し合いができればよかった」
「参加者同士で意見交換できるワークショップを加えてもよいかと思う」などのご意見をいただきました。

次回への課題としてしっかり取り組んでまいりますので、ぜひまたのご参加をおちしております。

みなさま、ありがとうございました。