NEWS from MIJP

メイドイン・ジャパン・プロジェクトからのニュース

【日本の伝統を次世代につなぐ 作り手と使い手の共感ストーリーとは】

2018.03.03

終了レポート

19

2018/3/1(木)、和える株式会社 代表取締役の矢島里佳さんに、【日本の伝統を次世代につなぐ 作り手と使い手の共感ストーリーとは】をテーマに講演していただきました。

約100名の方に参加いただき、
「すべての言葉に重みがあり伝わってくる」
「本質追求のレベルが高い」
「こんな若い女性経営者がいるなんて!負けてられない」
などコメントをいただき、満足いただけたようです。運営側としてこんなにうれしいことはありません。

矢島さんの話は、名言が多すぎましたので一部ご紹介いたします。

・社会的職業と自分的職業・・・自分的職業はジャーナリスト

・和えると混ぜるの違い・・・和える とは本質をかけ合わせること

・事業を考える時の3つの柱
 ①日本の伝統を次世代につなげられるか
 ②悲しむ人がいない3方良しであるか
 ③文化と経済の両輪で動いているか
・消費者→暮らし手・・・自分が 消 費 者 って言われたらいやじゃありません?

など、60分とは思えない濃い内容が詰まっていました。感銘を受けた方はぜひ書籍をお買い求めください。

質疑応答は、本来の講演時間を削ってでも、矢島さんから「一方的に話すのではなく、みなさんとコミュニケーションをとりたい」とおっしゃっていただき、受け答えにも熱が入りました。

講演を受けた方、それぞれの学びがあると思います。 ひとつずつ実行し、この講演をキッカケに、皆様の人生が豊かになることを願います。 参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。 メンバー一同、心よりお礼申し上げます。

最後に、このような活動を毎月おこなっている、 【メイドインジャパンプロジェクト倶楽部】とは、作り手、売り手、クリエイターの3つが、ななめにつながり、様々な視点で刺激しあい、メイドインジャパンについて楽しく学びあう倶楽部活動のことです。

ご興味がある方はご連絡くださいませ。
info@madeinjapanproject.org

Other Posts

その他の投稿