Japan Traditional Crafts Weekとは

概要

期間 平成27年10月24日(土)~11月3日(火)
会場 メイン会場:伝統工芸 青山スクエア(東京都港区赤坂8-1-22)
各会場:都内を中心とした各店舗
内容 東京と名古屋のセレクトショップ、インテリアショップ、ファッション店、専門店等から伝統的工芸品の産地商品の販売を希望する店舗を募集し、希望する産地とのマッチングを行います。
 各販売店と産地は、産地訪問等を通じて相互理解を深め、Japan Traditional Crafts Week 2015に向けたコラボレーションの企画、準備及び普及広報活動を行い、イベント開催期間中に産地の伝統的工芸品の販売、実演、PR等を行う事業です。
HP http://jtcw.jp/
主催 一般財団法人伝統的工芸品産業振興協会
運営 特定非営利活動法人メイド・イン・ジャパン・プロジェクト

理念

NIPPONSAN

NIPPONSAN
時代が移り変わっていくなかで、残していきたいものづくりが日本各地にあります。重ね続けた歴史の重みが、名品を生み、職人が守り、そして今に伝える、ニッポンの伝統、技、美、そしてものづくりの精神。現在、国から指定されている「伝統的工芸品」は、全国に219品目あります。 ※2014.11.26現在
 
・主として日常生活で使われるもの
・製造過程の主要部分が手作りであること
・100年以上の歴史を持つ伝統的な技術・技法によって製造されていること
・100年以上、伝統的に使用されてきた原材料であること
 
など、とても厳しい指定基準により、選定されています。

そうした指定を受けたものづくりは、時代を超えて、ものづくりに息づく技と美意識を、新しい形にのせて受け継がれています。東京の各ショップに創り手から届けられた品々は、これまでの、そしてこれからの 日本の心と心を繋ぐことでしょう。

創り手から売り手へ、売り手から使い手へ。
創り手と使い手を繋ぐ10日間。
このイベントが、こうした伝統を守り受け継がれていく、一本の架け橋となりますように。